2014年3月2日日曜日

ピクルス通信no.246 東山線に乗って

名古屋市営地下鉄東山線で廃車になった「5000形」の車両30両が、アルゼンチンに渡り、ブエノスアイレスで再利用されるというニュースを見ました。



愛知万博のアルゼンチン館で男女ペアのタンゴ実演を見て以来惹かれている私としては、毎年8月にブエノスアイレスで開催されるアルゼンチンタンゴ世界選手権に、お馴染みの黄ラインの入ったシルバー車両に乗って参上するという実現させる気もない夢が生まれました。

踊ってよし、聴いてよしのタンゴ。


私は古典スタイルを聴いてばかりですが、新世代タンゴも覗いてみたいです。
参考となる栗本斉さんのエッセイはこちら→「読むナビDJ/アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ」

若竹純司(客)

0 件のコメント:

コメントを投稿