2014年2月9日日曜日

ピクルス通信no.243 作曲者

一方その頃、私は森高千里のあまたの楽曲が本人による作曲ではなかったことを知り、ひとりショックを受けていた(それまで山下達郎的才能を持つ美しき才女と奉っていた。彼女が1986年に大塚製主宰「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞したアイドル出身であることも知らなかった1983年生まれの私)。



ゴーストライター問題でもなんでもなく、私がただ勝手に思い込んでいただけのケース。

もちろん「楽曲自体の価値は変わらない」。

若竹純司(客)

0 件のコメント:

コメントを投稿