2013年10月13日日曜日

ピクルス通信no.227 大人になるには



ポパイ11月号の特集「大人になるには」では、シティボーイ向けに100項目の「大人になるための」の心得を紹介しています。

【両親の恋愛話を聞いてみる。】

【阿久悠の歌詞で「優しさ」を知る】

【ラグビーのルールを知っている】

さすが重箱の隅をつつくような、アイデアラッシュの痕跡をそのまま残すような項目を入れ込んでいるため、たとえばこんな初歩的な項目の席は用意されていませんでした。

【自分の“色”を持っている】

ファッションにしろ車にしろ、自分が最も映えるパーソナルカラーを知っているかどうか。

自己理解こそ「大人」にとっての第一条件のはずです。



自分の色が決まった。

次に必要になるのは?

そう、エアブラシです。



せっかくならプロの模型・フィギュア造形師も使用する一級品を求めましょう。

銀の光沢が美しく、書斎にもリビングにも飾りたくなる逸品。

〈参考イベント:全日本模型ホビーショー2013



「大人のためのロック」といえばAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)。

ブラジルのソウル・ミュージシャン、エヂ・モッタの最新作は、この70年代末から使われだしたジャンル名をアルバムタイトルにしています。

Aor
Ed Motta
Membran
2013-07-26


時代錯誤なジャケット・ワークが香しい。

   

スティーリー・ダンを彷彿とさせるストレートなAORサウンドです。

来週10月17日からブルーノート東京で来演します


若竹純司(遠方客)

0 件のコメント:

コメントを投稿