2011年10月9日日曜日

ピクルス通信no.122 軟硬


ミネラルウォーターを初めて買ったのは中学生の頃だろうか。

その時選んだのは名前に聞き覚えがあった「エビアン」。

飲んでびっくりした。

「まずい」

それもそのはず。

普段飲んでいた水道水は「軟水」で、対してエビアンは「硬水」。

硬水は軟水に比べてカルシウム、マグネシウムが多量に含まれるため口当たりが重いのが特徴。

同じ「水」とは名がついても、性質のがらりと違う液体を飲んで口がびっくりしたのだ。

当時は言葉を知らなかったから「まずい」となってしまったが、今思えばこう言えばよかったと思う。

「僕には合わない」と。


モーツァルト:ピアノソナタ集
グレン・グールド/モーツァルト:ピアノソナタ集

グレン・グールドが弾くモーツァルトを初めて聴いた時の驚き。

「硬い」

のんびりとは聴かせてくれない、緊張感。

彼の解釈(分かりやすいところで言えば「テンポ」の自在さ)に対峙せざるをえない。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集
アンドラーシュ・シフ/モーツァルト:ピアノ・ソナタ集

グールドの後で聴いたアンドラーシュ・シフが弾くモーツァルトにも驚いた。

「清楚」

語弊があるかもしれないが、率直に言って耳当たりが軟らかい。沁み入る。

僕にとってはシフの方が、合う。

ソナタ第11番第3楽章、「トルコ行進曲」。

紅白歌合戦で安田祥子・由紀さおり姉妹が歌って以来、この曲を雑念無くして聴くことは不可能と言ってよい。その雑念を払ってくれるシフの技巧。

指のタッチの具合によるのだろうか、音のきれ方が美しい。

※ ※ ※

せんだってトルコ料理を食べにいった。

サラダ、ピザには山羊のチーズが使われていた。

今まで口に馴染んできた牛のチーズとは著しく風味が異なる。

僕には合わなかった。


若竹ウシシ

6 件のコメント:

  1. お久しぶりです、チョイバカオヤジです。
    で、ということは、グレン・グールドが弾くモーツァルトは「会わない」ってことですか?小生は初めて聴いたとき、「これだ!」と思ったものですが…。例のトルコ行進曲など、気がつくと眼に涙が浮かんでいるというほどの寂寞観がこの曲に対する認識を一変させてくれました。
    で、アンドラーシュ・シフはECM盤の「ゴルトベルク」と「パルティータ」が良いですね!三たび、で、といいつつモーツァルトのピアノソナタは、この頃はフリードリッヒ・グルダの「Mozart Tapes」ばっかり聴いてますが…

    返信削除
  2. やぁJ!
    君の書く文章は実におもしろい!!!
    あははは~。
    ちなみに私も軟水派です。
    ではまた。

    返信削除
  3. GTさん

    ご無沙汰しております。先月のイベントにも顔を出せにすみません。
    コメントありがとうございます。
    実はグールドの「トルコ行進曲」にもこの度聞き直したらそのアプローチにほんっと敬服しまして、、、、ブログのための方便で安易なこと言ってしまいました。にしてもグールドのピアノソナタ集は疾風の第8番から始まっていてその印象が強烈で。音楽を聴いているということ以上に「批評」を体験した気になるのが正直なところです。

    ちょうど先日、シフのパルティータを購入しまして愛聴しております。
    グルダにはピアノ協奏曲23/26でモーツァルトを聴く楽しさを教えてもらっただけにソナタも期待しています!はよ中古で出会いたいです。

    若竹

    返信削除
  4. nozoさん

    ハーイnozo!
    日本人なら軟水っすよね!
    コントレックスいうえらい硬い水が世間をにぎわしているようですが、でもそんなの関係ねぇっですよね。

    さてノンシャランへGO...

    若竹

    返信削除
  5. 山羊、羊の乳製品はクセがありますよね、わかります。
    チャイなんかもクセがあって苦手です。
    ボクの好きな日本酒でも硬水・軟水で全然印象が違いますよ。
    硬水の代表といえば灘の酒(宮水)ですが、ボクには合わないです(笑)

    最近はトシのせいか軟弱になってきて、
    ジャズもソフトでゆるいものを好む傾向になってきました。
    映画音楽・ポピュラーのカバーが心地よいです。
    アバンギャルドなフリージャズ、ハードなエレクトリック70sジャズは
    これからも耳に合わないかもしれません。。。

    kubota_toyoaki

    返信削除
  6. 久保田さん

    いつもありがとうございます。
    そうなんです、クセがあるのが苦手で。モンゴル料理で羊を食べたときも無理、でした。

    日本にも硬水のお酒があるんですね!全国軟水と思ってました(汗)

    僕も3枚組のフリージャズのコンピなんかを聴きはじめたんですが、どうもお勉強になってしまいます。
    イージーリスニング系のあま〜いストリングスはクセになりますね。
    好みってのは自分でも驚くほど移り変わっていくものですね。数年前まで聴きまくっていたのに今ではサッパリというディスクを前にして呆然となることがあります。

    若竹

    返信削除