2011年9月1日木曜日

ヨコハマトリエンナーレ2011

先日、横浜で開催されている現代美術の祭典ヨコハマトリエンナーレ2011に行ってきました。

カールステン・ニコライ「fades」、ミルチャ・カントル「幸せを追い求めて」マッシモ・バルトリーニ「オルガン」八木良太「音楽の光」などとても印象に残っています。

一番の目的であったクリスチャン・マークレー「The Clock」は様々な映画の時間を示す場面ばかりを
切り取ったビデオ作品で、上映されている場面の時間と会場の実際の時間と一致するという作品で、期待以上に面白かったです。

また開催されるときに行きたいと強く感じました。

りょうかん

0 件のコメント:

コメントを投稿