2011年7月17日日曜日

ピクルス通信no.110 そのネタ何万回


台湾ではツアーの一部として中国茶専門店に訪れた。

齢70を超えてなおかくしゃくとしたジン先生が上手な日本語で解説してくれた。

中国茶は茶葉を発酵させる度合いによって6つに呼び分けるという。

「まったく発酵させないのが緑茶ね」

「ちょっと発酵させて白茶。もうすこし発酵をすすめて黄茶」

「発酵を20%から80%すすめたものを青茶。烏龍茶もこれに含まれます」

「100%発酵させたのが紅茶」

「さらに長時間発酵させたのが黒茶。プーアール茶がそうです」

「これで6つね。じゃあ黒茶よりもっともっと発酵させたものは何茶?」

答えは、、、、この頁の最後に。

* * *

烏龍歌集[チャイ] サントリーウーロン茶CMソングコレクション
烏龍歌集[チャイ] サントリーウーロン茶CMソングコレクション

息の長いシリーズとなっているサントリー烏龍茶のCM。毎回美しい女性たちと、キュートな中国語で歌われる往年の歌謡曲が魅力的ですよね。そのサントラには《春一番》《ライク・ア・ヴァージン》、東京ブギウギの替え歌《上海ブギウギ》など胸キュンソングが盛沢山。付属ブックレットにはふりがな付きで中国語歌詞が載っているので一緒に歌ってみたいものです。

いつの間にか第二弾も発売されていたんですね。《木綿のハンカチーフ》《Rydeen》《アメイジング・グレイス》、聴いてみたいものです。

Chai Chai
Chai Chai

* * *


答えは「無茶苦茶」。気をつかって笑う皆。


若竹ヤム

2 件のコメント:

  1. 台湾研修おつかれさまでした。
    むちゃくちゃ、ベタなネタでしたね。
    台湾は元々親日的な国ですが、
    今回の震災復興への協力的な姿勢・努力には
    感謝ですし、さらに株が上がりました。
    kubota_toyoaki

    返信削除
  2. 久保田豊秋さん

    コメントありがとうございます!

    ベタベタなネタなのに、その場では予測することもできなかった自分が恥ずかしいです。

    そう、親日でどこに行っても日本語を理解してくれる人、話してくれる人がいました。そして暖かい対応をしてくれて、とてもありがたかったです。

    若竹

    返信削除